きれいな空気を生む 住まいづくり52

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



正しい計画はまず綿密な調査から
 
住宅の基本についてわかったところでいよいよプランニングに入ります。
 まず正しい環境配分(間取り計画)をするために、その地域の気候風土や年間を通しての風向きなどを調査しなければなりません。また、個々の立地条件に対して、どのような住宅が自然の恩恵を最も効果的に利用できるかを研究することも必要です。その環境調査は一般的な敷地調査程度のものでは意味がありません。各地から気象データや地域環境にかかわるデータを集め、地域性、環境、生活習慣を調べてみたところ、環境心理学者のハンチントン理論の正当性を確認することができました。つまり、それぞれの地域性や立地条件を無視した規格住宅、建売住宅、自由設計のできないツーバイフォー住宅では、住宅の正しい役割(幸福な家庭生活を実現すること)を果たしにくいことをも確認したのです。住宅は、その地域の諸条件と密接な関係をもつものであり、その諸条件とのバランスを保つには事前の綿密な環境調査が必要だといえます。そのためのシステムを確立しなければなりません。しかし、大手ハウスメーカーは敷地の形態を測量し、建築基準法に適った建物をつくることにのみ専念しています。そのような単純な調査に基づく住宅計画では住む人の要求を入れた「幸福を生む住まい」はとてもできません。
 環境調査の次に調査表に基づいて、注文主とプランナーとが打ち合わせをします。注文主(住む人)が同じ場所に建て替える場合、現在までその土地に住んでいた経験から、環境の影響は肌身で感じ、長所、短所をよくよく知っているはずですが、意外に気づかず無関心で住んでいる人も多いのです。私は環境調査結果を説明しながら、その場所の長所、短所を根掘り葉掘り聞き出し、さらなる確認と理解を強める努力をします。また顧客も立地条件をよく知ることによって、これから行う「プラン」に対する理解を助けることにもなります。このように、環境調査の報告・確認は重要な意味をもつものなのです。

自然の学びを生かした住まいづくり51

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



住宅は「将来の為に」求めるべきである

 人々は盛運が続くうちは衰運を忘れて住まいに贅を尽くします。その結果はお決まりのコースを辿って悪夢と化してしまいます。無難な人生をおくるのも一生、波乱万丈な人生をおくるのも一生であり、人それぞれに人生に夢をもち、その夢のために賭けるのですから、他人様の生き方に職人が干渉することは僭越なことでありましょう。しかし、その分別をもっても余計なお節介を申し上げたくなるのです。
 私が老職人となって実感するのは、老後の人生のことです。高齢社会ともいわれる現代にあって、余生における
安心平和こそ、人生の終末における最高の幸福であると考えます。人生を達観しながらの日々こそ、老後の妙味といってもよいでしょう。
 しかし、そのためには、健全な家庭生活が永続していなければなりません。幸福な家庭は、にわか仕込みでは出来上がりません。長年月の家庭環境(住宅環境)の影響下で培われ育まれるものです。
 善悪を問わず先天的な芽が発達するかしないかは家庭環境によって決まるのです。人間は多くの条件と接し、いずれかの条件を無意識のうちに自分のものとしますが、その選択に際しては幼児期や少年期の家庭環境による影響が最も大きいと思われます。このことは、自然界に照合すれば容易に理解できます。たとえば同じ品種の植物でも人間と同じように、育った土壌の質と環境によって大きな差が出てきます。植物にとっての土壌と環境は人間にとっての住宅の環境と同じであるといえます。
 私は「今日あるは明日のため」「現在あるは将来のため」と社員たちにも常に教えてきました。住宅もまさに「将来のためにどのような住宅を求めるべきか」を胆に命じて計画すべきであります。心豊かな老後を送るためにもぜひとも必要なことです。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり50

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



家庭は社会の縮図である

 住宅は、楽しい(幸福な)家庭生活を営むために生涯利用する商品です。その住宅を計画するにあたり、現在から将来に向かって安心と満足と愛着をもって住める住宅とはどうあるべきかを繰り返し述べてきました。
 しかしながら、現代は住む人不在の住宅(不幸になる原因を持つ住宅)が業者によって「売るための売れる住宅」として一般商品と同様の感覚で販売されています。住宅市場はユーザーに不幸の原因を売るばかりでなく、大げさにいえば日本人を滅亡の危機に追い込んでいます。このような重大な局面にありながら、行政も黙視しているのは、問題の大きさに気づいていないからでしょうか。

 現代の日本人が物を求める時や新規の事業を始める時に共通しているのは、メリットの追求はしても、デメリットの検討を深くすることはないということです。商品を売る立場の者はメリット部分を強調してもデメリット部分には触れませんし、購入するエンドユーザーもなぜかデメリットを追求しません。昔から「一事が万事」といわれますが、日本人は両面追求することなく偏見癖になじみ、しかも本能的な物欲がすべてに優先していますから、当然後日に発生する副作用や弊害を予測しようとしません。まさに理性なき民族に成り下がってしまい、いまや世界中から批判され、あちこちで日本叩きが広がっています。
 私はその原因は住宅環境にあると思っています。住宅環境は家庭環境をつくる基であり、人々は家庭という小社会の環境で社会人としての基礎的な要素を身につけます。そして家庭環境を拡大したものが社会環境であり、国家社会ということになります。以上の理屈が当たらずとも遠からずであるとすれば、住宅環境とは住む人に影響するだけでなく日本人全体の安心や平和にも関係する重大な役割をもつものであるといえるでしょう。

 住宅計画は人生計画であるばかりでなく国家社会にも重大な関係があることを考えた時に、従来の住宅指向のままでよいのでしょうか。20年足らずで住む人の愛着を失って壊される住宅は、個人の経済ばかりでなく地球環境をも破壊し、また地下資源の枯渇に拍車をかけています。このことは、地球上のあらゆる生物に悪影響を与え、全人類の滅亡の原因ともなりかねません。老職人のたわごとですめばよいのですが…。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり49

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



住宅購入は結婚相手を探すのと同じこと

 住宅の購入時に考えなければならない大切なことの一つは、将来を見越して長持ちする住宅とはどうあるべきかということです。住宅は原形を50年以上保つくらいの耐久性はあります。
 しかし、新しい期間は短く、古びてからの期間が長いものです。そして住む人間は年齢を増し、家族それぞれの住宅へのニーズも変わっていきます。つまり、住宅は建物としての耐久性があっても家族のニーズの変化に対応できなければ、利用価値を失い、住む人によって壊されるのです。つまり建て替えが必要になります。その数は毎年20数万戸に上ります。

 さて、この現実をどう見るべきでしょう。建て替えが増えれば経済の活性化にはなりますが、個人の経済的負担は大きく、そのために生じる人生上の犠牲ははかり知れません。ましてや将来の増収入が見込まれにくい下降経済時代にあっては、建て替えは困難となることが予想されます。何度も繰り返しますが、住宅は耐久性があっても長持ちはしません。家族の条件や時代のニーズが変わっても、そして建物が古くなっても愛着をもたれ、安心と満足な家庭生活が永続できるような住宅でなければ長持ちする住宅とはいえません。そして住宅のために人生を犠牲にすることにもなるのです。

 このことは、職人として、建築家として、住宅環境研究家として、半世紀の間に多くの家庭を垣間見た中で実感して申し上げることです。
 住宅は計画次第です。住む人不在の設計ではその住宅に愛着がわくことはありません。住宅を求める事は結婚することと全く同じで、見栄えや価格に惚れてもすぐに飽きがきます。心のない相手と同じことです。住宅にも心が必要です。住む人と専門家の心と心、知恵と知恵を合わせて試行錯誤を繰り返して計画(設計)した住宅には心があります。あなたの将来のために「子どもを育てる心」で住宅計画をなさってください。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり48

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



住宅は一生に二度も三度もつくれない

 住宅購入資金が無制限にある人は万人に一人もいないはずです。自分の生命保険を担保にして住宅ローンを組むのが一般的なやり方です。本来なら自分の生命を担保にして借りた資金で住宅を求めることは悲壮なる決意ともいえますが、現代人は意外にも淡々として悩むことも不安を感じることもありません。しかも住宅の本質を確認するでなく、規格住宅や量産住宅を平気で求めています。生涯のうちで、きわめて重大な事業ともいえる住宅購入が、重大だという意識もなく安易に行なわれ、後日に悔いを残すような問題が生じなければよいのですが、残念ながら多発しているのが現状です。すでに化学物質資材によるいろいろな病気が顕在化していますし、また顕在しながらも住宅が原因と気づかないこともあります。さらに、まだ潜在している問題も多いのです。

 住宅は人間にとって最も身近な環境であり、長年月接しているため、その影響力や感化力は少なくありません。環境作用による弊害はこれから続出するでしょう。
 また、現在の住宅は耐用年数の全国平均が20年足らずとされていますが、たとえば法定耐久年数である25年間、原形を保ったと仮定した場合、35歳で求めれば60歳まではもつことになりますが、その年齢になって再度住宅を建て替えられる経済能力をもつ人は少ないでしょう。
 
 高齢化社会にあって余生を楽しく生活する条件の一つは、豊かな経済力です。退職後の経済を考えると、これからの住宅を耐久消費材とした感覚で求めるべきではなく、一生に一度の事業として、将来にわたって耐用、対応できるものを計画すべきではないでしょうか。私の提案は年齢の推移や時代の変転に耐えられる住宅を自分の将来を予測して計画(設計)をすべきだということです。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり47

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



資金や土地に悩むより知恵を出して解決する

 住宅の建築や購入にあたって、どなたも懸念なさることは建築資金のことでしょう。今は住宅ローンが手軽に利用できますから、その気になれば簡単に住宅を求めることのできる、ありがたい時代です。しかしその簡便な資金調達が仇になって家庭の破綻を招いている例が多いようです。それは住宅の利用目的を明確にせず、短絡的な発想で漠然と住宅を求めたことによる結果といえます。

 「元気で無理なくローン返済できる住宅を求めてください」
 このような余計なお節介を申し上げますが、他人ごとでも心配な時勢となりました。25年あるいは30年の長年月の返済期間を考えた時は本当に大丈夫かと思う訳です。

 しかし、その一方で私は、「お客様、お金がないとか土地が狭いなどどちらも夢には関係がありません。やる気を出して考えれば無理なことでもできますよ」と申し上げます。つまり用心して慎重にと言っていながら、一方ではお金は何とでもなりますよと言っているのです。それは前に述べましたが、お金や土地のことより「誰のため、何のため」を明確にせず予算内で収めてもそれが無駄になるばかりでなく、不幸の原因となりかねないことをよく知っているからです。そして目的を決めたなら、その目的を果たすためにはどのような住宅であるべきかを考え、後日予算の調整をすれば、無理のないローンを組むことも可能です。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり46

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



住宅の目的と役割の無視が不幸の原因をつくる

 真実が敬遠され、不純な考えや行為が容認されている現代社会にあって、正しいものを求めようとするのは勇気が必要なことです。
 例えば、住宅の室内空気を機械によって計画的に調整する方がよいのか、自然な環境で快適性を求める方がよいのか、つまり自然の一部である人間の生活環境が不自然な環境でよいのか悪いのかの判断は常識の範囲で決められることだと思いますが、他人と違ったものを選ぶ勇気がないためか不自然な人工的な環境を求める人が多いのです。その結果、快楽的な環境になじみ、その副作用や後遺症が続発して社会問題化しています。

 私が住宅計画を長年こなした経験上、いつも突き当たる壁は、依頼者が住宅の目的と役割を理解していないことから生ずる間違ったこだわりによる発想です。場当たり的な発想が目的を変え、住宅の果たすべき役割を見失って、不幸を招く原因となる住宅環境をつくってしまうのです。そのことを防止するには、プロとしての忍耐と誠実さが必要で、それこそが間違ったこだわりを解除することになります。幸福な家庭の永続という目的が薄らいだ時に迷いが生じ、自らの性で享楽と物欲の虜になり、不幸の原因をあえて求めるのです。私は、その都度「誰のため、何のために大金を投資して住宅を求めるのですか」との質問を繰り返すことになります。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり45

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



日本人の住宅観も社会観もおかしくなっている
 
 住宅づくりの実際の場で「理解なき妥協」は禁物です。また、理解と追及がなくては信頼関係は成立しません。住宅の契約までの事前業務のすべては理解、納得、感動、共感に基づいたものであって、期待や盲信では幸福な家庭を永続させる住宅はできません。

 「大きな夢の実現」を現実のものとするには、まず住宅計画時に「自然の摂理」と住宅環境の相関関係を理解しなければなりません。その次に自然と家庭の相関関係を正常な状態で保つことを考えます。「幸福な家庭も生む住宅」が理論的、科学的に説明がつかなければ、その具現化は不可能です。このようなことは特別に難しいことではなく、常識的な思考範囲で可能なことです。基本となるのは自然の恩恵を素直に取り入れる工夫をし、そのメリットとデメリットをうまく使い分けることです。

 たとえば、太陽の光線には紫外線、赤外線、可視光線の三大要素がありますが、そのいずれもがメリットとデメリットを合わせもっています。そして、その両方の調和が自然界をつくり出して万物を育んでいるのです。したがって、地球の凝縮環境である住宅環境は自然界の法則(掟)に順応したものでなければなりません。

 しかし、現代の住宅は、自然を拒絶した高気密住宅が行政指導で推奨されており、このような重大な間違いに誰も矛盾を感じないほど、日本人は常識はずれになっています。それが政治、経済、教育、宗教などあらゆる分野のあきれ果てた犯罪行為につながっているといってもよいでしょう。社会が狂っていると言わざるを得ない状態です。その根源が現代の住宅環境にあるに違いないと私は胸を痛めています。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり44

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



住宅づくりに奢りと慢心は禁物

 家庭の盛運はまじめな生活の後にあります。住宅の役割が人生を変えていくという強い環境作用を無視して、奢りと慢心から住宅を建て、破綻を招いている人を多く見受けます。

 私は職人の立場でお客様の将来を考えて、あえてこう申し上げることにしています「価値のある贅沢と無駄は少々の無理であってもやりましょう。しかし、奢る心での贅沢はよしましょう」
 このことはお客様の立場からすれば、職人ごときの余計なお節介ととられるのですが、「幸福を生む住まい」を提案し提供するプロとしては申しあげない訳にはゆきません。

 「うちは幸せなんです。ですから良い住宅を求めております。その心配は無用です」
 お客様にしてみれば少しでも豪華な住宅を夢に見て、その夢の実現に執念を燃やしている時に、その出端をくじくような職人の言葉は意地悪や悪意にとられかねません。正面きって顧客の虚栄心に水をさすことは失礼なことでもありましょうし、私の人柄を疑われることでもありましょう。さらに、「商売気のない業者」と思われもするでしょう。

 「お客様の幸せはわかります。その幸せがより幸せであって、永く続くことを乞願って申し上げるのであります」
 私は巷の家相研究家のように脅迫まがいのこと言って関心を求めているのではありません。多くの住宅を手がける中で垣間見て実感したことや先人たちの教訓に照合して正しいと思うことを申し上げているのです。
 地球上のすべての生物は自然体で存在し続けています。自然に逆らった生物は確実に淘汰されてきました。人間とて例外ではありません。人間は家庭と共に幸福を求めている動物です。自然体な家庭とは分相応で暮らしをしている家庭をいいます。住宅づくりには分別ある冷静な判断が大切です。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

自然の学びを生かした住まいづくり43

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。



分不相応な住宅は住む人の人柄が疑われる

 諸行無常は世の常です。住宅職人を長年やっておりますと、目の当たりに栄枯盛衰のドラマを見ることが多いものです。無責任な言い方をすれば「因果律手前もち」ともいえます。すべて自らが蒔いた種が芽を出したことです。
 最近の経済犯罪のすべては分不相応な行為による結果であり、企業倒産も例外なく調子に乗りすぎて分を忘れた結果です。

 このことは昔も今も変わりなく、誰でも自分の存在を示すために「うつわ」以上の「器量」(力量)を見せようとするとその結果が良くありません。とくに経済的に利益を得た場合「成り金」の奢りのつけは早く現象化します。このことはバブル経済の後遺症となって大きな社会問題となっています。
 政治家、教育者、宗教家のように倫理の世界で生きる者でも口先と心と行動が一致しない人間がやたらと多い現代ですが、その人の末路は憐れであり子孫にまでその罪を残すのです。

 住宅を求めるにあたっても、昔も今も成り金趣味は同じようにあり、「邸宅」とか「お屋敷」など、構えが不自然な住宅をよく目にします。不思議なことに住宅の外見なり構えに、住む人の人柄がにじみ出るものなのです。分不相応な住宅や「不自然な住宅」は繁栄、安定の法則に適いません。よくよく注意すべきです。とくに建築家の奇抜な創作は一般の住宅には禁物であり、住む人の人柄が疑われかねません。

 住宅は住む人の顔ともいえるので、昔は家のことを「たたずまい」と言っていました。家の前にたたずむ、そのような住まいを想像してください。たたずむ人の心をなごませる住宅、それは豪華絢爛な建物ではなく、素朴な住まいです。
 人々の情緒や感性にぴったり合って、その心を魅了する住まいは自然と調和し、長年月愛着をもたれて、長持ちする住宅そのものです。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社