HOME

最新のお知らせ


2020年5月9日 : コロナの影響を受けず きれいな空気を生む住まいづくり③

土地の環境に適応させぬ住宅は本物ではない

あらゆる生物が環境に支配されています。環境に適応できない生物の存在は許されません。しかし、生物は懸命に生活環境をつくり、またその環境の影響を受けながら生存を続けています。とくに、人間は住宅という生活環境をつくることのできる唯一のすぐれた動物です。そのために地球上のいたるところで生存ができ、結局は地球を制覇できたのです。
 住宅は、その土地の自然環境(気候風土、地域性、立地条件)に適応させたものでなければなりません。そうでなければ健全な家庭生活ができないのです。規格化された建物は住む土地に適応させることはできません。かつて伝統的な木造住宅は地場産業として、その地域の気候風土を熟知した人の生活体験による知恵を駆使して計画されたものです。そして地元の大工、工務店が建物を請負うのが基本でありました。

風通しをよくするための教科書

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社
2020年4月27日 : コロナの影響を受けず きれいな空気を生む住まいづくり②

住宅に潜む環境への弊害は大きい

 住宅の利用効果は高度な利用目的追求から生まれます。つまり高付加価値住宅とは幸福な家庭の存続条件が効果的に仕組まれた住宅のことになります。

 たとえばアトピー性皮膚炎が発生するような住宅はソフト(環境の利用効果)を全く無視した住宅です。つまり、生活環境を構成する建物(囲い)に使用されている資料や間取り(環境配分)のとり方で住宅の利用効果の優劣が決まるのです。いかに高価な材料や稀少価値を誇る資材を使用しても、その環境が健全な家庭をつくる条件とならない場合は、その住宅は高付加価値住宅ではないということになります。たとえ素朴な資材でも環境上の弊害が生じずに安心で平和な生活ができればいいのです。アトピー性皮膚炎の発生は今の住宅が抱える問題の氷山のごく一角です。もっと大きな問題が住宅環境に潜在しているのが現代の住宅です。

風通しをよくするための教科書

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社
2020年4月22日 : ベターライフリフォーム協会のお知らせが来たので皆さん一緒に気をつけて行きませんか
ベターライフリビング協会より
【厚生労働省】新型コロナウィルス感染症の集団発生防止チラシが届きました。顧客様や協力業者様や周りの人達に広く周知して、発生防止を促し、終息に努めています。

ベターライフリフォーム協会のお知らせが来たので皆さん一緒に気をつけて行きませんか?

風通しをよくするための教科書

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社





2020年4月22日 : 感染症対策について
ベターライフリフォーム協会より

【厚生労働省】新型コロナウィルス感染症の集団発生防止チラシが届きました。
顧客様や協力業者様や周りの人達に広く周知して、発生防止を促し、終息に努めています。







 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社
2020年4月20日 : コロナの影響を受けず きれいな空気を生む住まいづくり①

住宅は利用効果で評価すべきもの

 すべての商品は社会の認知を得るために高付加価値の追求に懸命です。現代においては単なる商品の存在だけでは販売競争で生き残れません。その商品の「価値の認知」こそ熾烈な販売競争に耐えられるのです。

 住宅という商品は付加価値なき商品であるため、単純に面積単位で価格付けをされ商品内容の比較も関係なく「坪当たり」「㎡当たり」という値付けをしても矛盾を感じさせません。常識的価値付けであるなら建物の品質、設備機能の優劣だけでなく、利用効果の価値を評価すべきであるのにソフト的要素に対しては無関心な人が多いのです。この重大な偏見性が、住宅における環境上の弊害を続出させて、人々に不幸の原因を与えてきました。このことは住宅業界の問題だけではありません。業界を指導する立場の行政も国民も、全体が住宅観を変えなければなりません。

風通しをよくするための教科書

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社


新築プラン集 更新中!幸せな家庭を育むプランを揃えました。


ZEH受託率目標と実績

【新潟県介護保険指定事業者】です。(福祉専門相談員:5名)
※高齢者や障害者に優しい家づくりが得意です!

~TOTOリモデルクラブ店~ 詳しくはこちら
(一部端末ではリンク先がご覧いただけない場合がございます)


家族が仲良く健やかに暮らせる住まいを。

これから家を建てられる皆さまに、ぜひ知っていただきたいことがあります。それは、「家は私たちを培い育む環境である」ということです。

たとえば、子供部屋を一番よい場所や、最高の条件につくった結果、あまり居心地が良すぎて子供が部屋にこもりっきりになってしまい、最近ではあまり会話がない...ということはないでしょうか?

あるいは毎日の家事を一手に引き受ける主婦にとって、ストレスのたまらない、使い勝手の良い間取りであることも大変重要なことだと思います。

また、人は健康でいるために、働いているときも、休んでいるときも、新鮮な酸素をたくさん取り入れる必要がありますから、密閉されすぎた酸素の少ない部屋では思考が鈍ったり、安眠・熟眠の妨げになったりすることもありうるわけです。

昔は高気密・高断熱の家はなかったし、自分だけの部屋を持つ子供も少なかったから、こんな当たり前のこと、と思われる方もいるでしょう。その当たり前のことを忘れないように、家づくりをしていかなくてはいけないと、最近特に強く感じます。

ウシキでは「ホーミー教室」を開催し、ご家族の皆さまと『幸せを生む家づくり』について楽しく学ぶとともに、ご家族の希望をかなえる住宅をご提案しております。

一生に一度の家づくり、私たちとともに“家族がいきいきと楽しく、安心して暮らせる”住まいを一緒につくっていきませんか?
住宅職人 牛木 貞幸


メールマガジン



資料請求・お問い合わせ
025-524-9850
営業時間/平日9:00~19:00 / 土日祝10:00~18:00