HOME

最新のお知らせ


2020年4月22日 : 感染症対策について
ベターライフリフォーム協会より

【厚生労働省】新型コロナウィルス感染症の集団発生防止チラシが届きました。
顧客様や協力業者様や周りの人達に広く周知して、発生防止を促し、終息に努めています。







 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社
2020年4月20日 : コロナの影響を受けず きれいな空気を生む住まいづくり①

住宅は利用効果で評価すべきもの

 すべての商品は社会の認知を得るために高付加価値の追求に懸命です。現代においては単なる商品の存在だけでは販売競争で生き残れません。その商品の「価値の認知」こそ熾烈な販売競争に耐えられるのです。

 住宅という商品は付加価値なき商品であるため、単純に面積単位で価格付けをされ商品内容の比較も関係なく「坪当たり」「㎡当たり」という値付けをしても矛盾を感じさせません。常識的価値付けであるなら建物の品質、設備機能の優劣だけでなく、利用効果の価値を評価すべきであるのにソフト的要素に対しては無関心な人が多いのです。この重大な偏見性が、住宅における環境上の弊害を続出させて、人々に不幸の原因を与えてきました。このことは住宅業界の問題だけではありません。業界を指導する立場の行政も国民も、全体が住宅観を変えなければなりません。

風通しをよくするための教科書

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社

2020年3月4日 : 日報 住まいのリフォームフェア 2020春






日報 住まいのリフォームフェア 2020春開催

先日リージョンプラザ上越にて【日報 住まいのリフォームフェア 2020春】に参加させていただきました。
新型コロナウィルス対策に万全を尽くして来場者様をお迎えしていました。

オリジナルの和紙、手すき和紙です。
和紙職人さんの体験をしていただきました。
私たちの住まいの健康素材として使用させていただいています。

 幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
  ウシキ株式会社


2020年2月10日 : きれいな空気を生む 住まいづくり


今の住宅は間違いだらけ
観光で幸せになる住宅はこう建てる〈第8回〉

住宅の役割に対する偏見が不幸を続出する

 住宅の役割に対する偏見が住む人の運命を悪くしている事実を多く見受けます。
このことは他人事とは思えません。
悔しいまま住むうちに不幸の原因を芽生えさせているのが現代人です。
これは決して脅しではありません。

 ただ、すぐには環境作用の弊害が顕著化しないため、その因果関係がわからずにいるだけです。
 
 地球環境や地域の環境だけが生物や人間に影響を与えるものではありません。
詳しくは後ほど述べますが、住宅とは何かを確認し、持ち家を持つ目的を明確にし、目的を果たせる住宅はどのような住宅であるか、よく研究して選択すべきではないでしょうか?
たとえ多忙に追われている人であっても、他人や業者任せの住宅造りでは幸福な人生を拒否するのと同じです。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
2020年1月22日 : 住まいづくりは人づくりホーミー上越高田教室開催!!


家族が健康であるための条件追求

14、ガン・脳卒中・心臓病などの病気は住まいの仕組みによって発生します。
脳卒中や心臓病は、血液循環の不自然性が原因とされます。正常で潤滑な血の巡りなくして諸臓器の健全性を保つことができません。人間の体内は臓器・諸器官を内蔵する体内環境であり大自然・環境の一部であると考えます。
人間が自然の一部として生かされその体内環境は自然の凝縮環境であることが理解できるのではないでしょうか。
住宅もまた自然環境の一部です。空気の停滞した住宅は人間の最も重要な部分に支障をもたらす悪環境です。住宅にも人間の体と同様、常に停滞しない循環器に変わる通気システムが必要です。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社

新築プラン集 更新中!幸せな家庭を育むプランを揃えました。


ZEH受託率目標と実績

【新潟県介護保険指定事業者】です。(福祉専門相談員:5名)
※高齢者や障害者に優しい家づくりが得意です!

~TOTOリモデルクラブ店~ 詳しくはこちら
(一部端末ではリンク先がご覧いただけない場合がございます)


家族が仲良く健やかに暮らせる住まいを。

これから家を建てられる皆さまに、ぜひ知っていただきたいことがあります。それは、「家は私たちを培い育む環境である」ということです。

たとえば、子供部屋を一番よい場所や、最高の条件につくった結果、あまり居心地が良すぎて子供が部屋にこもりっきりになってしまい、最近ではあまり会話がない...ということはないでしょうか?

あるいは毎日の家事を一手に引き受ける主婦にとって、ストレスのたまらない、使い勝手の良い間取りであることも大変重要なことだと思います。

また、人は健康でいるために、働いているときも、休んでいるときも、新鮮な酸素をたくさん取り入れる必要がありますから、密閉されすぎた酸素の少ない部屋では思考が鈍ったり、安眠・熟眠の妨げになったりすることもありうるわけです。

昔は高気密・高断熱の家はなかったし、自分だけの部屋を持つ子供も少なかったから、こんな当たり前のこと、と思われる方もいるでしょう。その当たり前のことを忘れないように、家づくりをしていかなくてはいけないと、最近特に強く感じます。

ウシキでは「ホーミー教室」を開催し、ご家族の皆さまと『幸せを生む家づくり』について楽しく学ぶとともに、ご家族の希望をかなえる住宅をご提案しております。

一生に一度の家づくり、私たちとともに“家族がいきいきと楽しく、安心して暮らせる”住まいを一緒につくっていきませんか?
住宅職人 牛木 貞幸


メールマガジン



資料請求・お問い合わせ
025-524-9850
営業時間/平日9:00~19:00 / 土日祝10:00~18:00